So-net無料ブログ作成

24w健診、自宅安静継続… [第2子妊娠]

7/19(水)、24w健診に行ってきました。


この日は旦那も休みだったので、旦那も一緒に。

4歳4ヶ月のチビは、連れて行くと大変なのが目に見えていたので保育園へ。



6/26に早退してから一度も会社に行けておらず、今後どうなるかはこの日次第。

子宮筋腫の位置がよくて子宮口が開きそうにないというのはいつまで有効なのか…。

頚管長は大丈夫なのか…。

そして性別はわかるのか…(笑)



そんな想いの中での健診でした。






スポンサーリンク




私が通っているのは総合病院の産科です。

昨年腰椎椎間板ヘルニアの手術をしたのがこの病院でした。

本当は第1子出産の病院(こちらも総合病院)で…と思っていたのですが、数年前に分娩を扱わなくなったんですよね。

帝王切開の際に麻酔が不充分だったので、いっそそちらでなくて正解な気もしていますが(笑)




待ち時間が比較的長く、旦那はお疲れモード。


健診は比較的アッサリしていました。

腹部エコーの際、先生の止めたいタイミングと少しズレてしまい、赤ちゃんの大きさは測定値より大きいと思うと言われましたが、週数から考えると小さめ(グラフを見せてもらったら、下限値のラインよりやや下)でした。

が、誤差もあるのは重々承知なので気にはしていません。


エコー中もめちゃくちゃよく動きました。

手が口のあたりにあったかと思うと頭の上にあったり。
いざ性別を…となった途端に、開いていた筈の足をサッと閉じたり…(笑)


少し粘ってくれたのですが、足は開きませんでした…!


『ごめんね、そんな所を寄ってたかって見ようとしたら照れるよね(笑)』と先生たちとも笑いましたが…、

へその緒なのか何なのか、一瞬なにかは見えました(笑)



内診なし、処方なしで終わりそうになったので、こちらから張り止めの処方をお願いしました。

そこで初めて切迫早産の話に。
(この先生、なかなか話が伝わりにくくて掴めません…)


助産師さんと『張り止めは増やした方がいいかも』という話をしていたので、その旨を話すと、内診もすることに。

毎回内診がある病院かと思いましたが、そうではなかったようです。。


頚管長は教えて貰っていませんが、問題ないそうです。


先生と助産師さん2人でモニターを見て、
『ほんといい位置に筋腫がいるわよね』
『あら動いたわ』
なんて言ってるからもう笑っちゃって笑っちゃって。


仕事のこともこちらから言わないと何も言われませんでした。

休んでいてこれだけ張るのだから休むよう言われたので、診断書が欲しいと伝えたのに貰えず、気にかけてくれている助産師さんに話して再度お願いしました。


大丈夫かなこの先生…?




チビの時は2月半ばからの産休予定だったのが、12月頭から妊娠糖尿病の管理入院→休職→産休でした。
(休憩に行けないくらい忙しい時期だったので、血糖値管理が優先という医師の指示で休職になりました)


今回は9月下旬からの産休予定が、6月下旬からの休職→産休。


周りは産休まで働いている人が多いので、なんだか自分のポンコツ具合に悲しくなっています。

が、妊娠出産をナメている管理職の方が多いので、こういうケースもあるというのが示せて良かったのかな、とも思っています。


デスクワークの妊婦がつわりで体調不良を伝えても、『立ち仕事してる妊婦さんもいるんだから、デスクワークでよかったね』なんて言う方もいます。

お子さんが複数人いるのに、安定期の概念を知らない方も。


妊娠出産は正常経過だとは限らない。
一般的にこう、というのはあるけど、それが必ずしも当てはまるとは限らない。

少しでもそのことをわかってもらいたいです。




出産予定は10月20日頃。
(予定日は11月ですが、帝王切開なので38w前後で)


自宅安静はそれまで続く予定です…。



なぜかこの夏、いつもより沢山お出かけのお誘いを貰います。


時間はあるのに応えられないのがつらい。



私はダラダラしとくので、誰かチビの相手をしに来てください…(笑)





スポンサーリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0